ブログトップ

「Love Is Flower」 花は愛 

harufds.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

うちの二匹目のネコ

e0062357_19121786.jpg

にゃんちゃん。
(名前はむぎ)

どうしてネコって笑わないんだろう。
犬は笑ったらわかるのにね(^^)
[PR]
by harufds | 2008-01-28 19:12

Haruフラワーデザインスタジオ・スクール予定  ☆保存版

スタンダードレッスン
5~10月
花農家さんの花をたっぷり使ったレッスン
第3火曜日

サークル
第1火曜日 11:30~ 18:30~


「花育」を身近な社会で実践してみよう
「いのちの花育」研修
2009年度 7月19日日曜日
13:00~16:00
花育の知識を知り、身につけて実際に体験していただくことができます。
一般 10,500円
会員  8,400円

■主な内容
・切り花を教材とした自然界といのちとの関わりについて
花育ワーク体験ほか

●21年度 「いのちの花育」実践講座 3日間
8月末~9月 日曜日
13:00~17:00
花育研修を受けられた方対象。

身近なところで役立てていただくために必要ないのちの「花育」の現場での講習実践の方法やノウハウを、本研修で身につけていただくことができます。



■主な内容
・現場実践での時間組みと流れ、仕入れ方法と花選び
・実践シュミレーション
・企画・提案の仕方
ほか


■受講料 78,000円 (花、資材、花育テキスト含)
Haruフラワーデザインスタジオ認定の
花育実践講座 修了証を発行後花育講師登録ができます。

Haruの会(北海道ではじめての「全国花育活動推進協議会」 団体会員。Haruフラワーデザインスタジオで支援しています。)に会員登録できます。



詳しくはHPからご覧ください。


●2009年度夏
プリザーブドフラワー資格取得コース開講
資格取得後は、プリザ教室、資格指導ができます。
全12回  分割可


講師研修 4回8カリキュラム
資格をいかして教室を開きたい、自宅サロンにしてみたい、将来講師になりたい方向けの講座です。

今期日程 :6月13、27、7月11、25 4回 8カリキュラム
時間曜日 :土曜日 10:00~14:00 4時間 休憩あり
講座料金: 一般110,000円 会員88,000円(資材テキスト込) 分割可能

講師 森直子
外部講師 岡野眞規代氏(吉村医院元婦長・講演家)




池坊華道】

「自由花(いけばなアレンジ)テキスト」による指導。
48回終了者に、家元より終了証が発行。

e0062357_1038498.jpg


詳しくはスクールご案内をご覧ください。


「スクール年間予定」

1月      Haru合同新年会
1月22日(木)  アレンジ上級コース フラワーデコレ-ター1級講座スタート
2月~6月(土)  フラワーカラーコーディネーター2級講座(全5回)
2月28日(土)  花育研究会
3月1日(日)   池坊研究会
3月13日(金)  現場ディスプレイ体験レッスン
4月16日(木)  アレンジ初級コース フラワーデコレ-ター2級スタート
5月8,9日    母の日のアレンジメント 「プリフラスイーツ」
6月        フラワーカラーセミナー (FDA協会主催)
6月10~15   池坊花展 丸井今井
6、7月         講師研修4回
夏          FDAプリザーブド初級コース開講(全12回 6か月)
9月         FDA主宰者研修会 東京
7月      「花育研修」
8月         「花育実践講座」
9月下旬     池坊全国巡回講座 デモンストレーション
10月       フラワーデザイン デモンストレーション
12月       クリスマス&お正月
12月28日    恒例 縁起迎春の花・いけ納め



お申し込みお問い合わせは
メール又は080-1893-3724までお気軽にどうぞ
e0062357_20181688.jpg
e0062357_235060.jpg


*森直子予定 保存版☆随時更新
[PR]
by harufds | 2008-01-24 10:49 | スクールにて

池坊青年部の仕事

池坊札幌支部青年部の部長になって、2年が経とうとしている。
4月の総会で、任期がおわる。

いろいろなことがあり、
いろいろなことを一緒にしながら、
悩んだり、
困ったり、
笑ったり、
泣いたり、
喜んだり、
月に一度か2度一緒に時間を過ごした。

役員どうし、全く知らない者同士が、仲間になって、友達になっていった。
今では、気心も知れて、欠点や長所もそれぞれに生かしあいながら
どんな困ったときも、なんだか笑っている(笑)
徐々に引き継ぎを始めている。

今日役員会でみんなが
「来年、子供伝統文化、初回は特別講師で呼ぶからね☆」
と言ってくれた。

照れてしまって「ええ~~!」って言ってしまって
言えなかったけど、
涙がでるほど、本当はうれしかった。
そんなことができるかどうかなんてどうでもいいことで、
そう言ってくれたみんなの気持ちが、たまらなくうれしかった。

役員をしていて、生徒さんには申し訳ないこともたくさんあった。
さまざまな業務があって、
そこに自分の中でのかなりの精力や時間
を投じなければならないことが多かったから。

この2年の経験は部長にならないと出来ないものだったので、
大変ではあったけど、とても感謝している。
今後のスクールや仕事、ボランティア活動、そのほかのことにも
必ず役に立つと思う。

来期からは、本来の自分の仕事に没頭できると思うかたわら、
みんなに会えなくなることが寂しい。

でもきっと、また違う形でこの仲間たちとは続いていくと思う。
大好きなものが一緒だから。

それは「花」
e0062357_6293733.jpg

アカシヤ、風船唐綿、葉ボタン、タマシダ
「意匠的自由花・線」
[PR]
by harufds | 2008-01-22 06:22 | 花育のこと

稽古

e0062357_23542495.jpg

毎年この時期繰り返ししている
「水仙一色立花」
毎週の稽古の中で、今年は三回。来週もする。

するたびに形が美しくなっていくので、役枝以外にあしらいが入るようになった。この先も完璧にするにはまだまだある。
生きている間に、無理かも。
だから、何代にも渡って、受け継ぎ、続きをして、この形は確立され、何百年前の形が、今も同じにいけられているのだろう。

立花は宇宙空間の球を表して表現する、バランスと調和のいけかた。この水仙には全てに針金がほどこされている。

立花が漢字や掛け算なら、生花はひらがなや足し算にあたる。

水仙二株 、水仙三株、があるが、これは株を一度解体し、更に自然に美しく組み替える。
針金はしないでためて形を作る。

これができないと、立花はできないだろうし、理解不可能だと思う。

なんでも一足飛びにはいかない。
いったとしても帳尻を後で合わせなくてはならない。
どっちから行っても同じだけ時間や労力はかかるようになっているのかもしれない。

だから、生きているうちに終わらなくてもいいんだなあと思う。

次の世代の誰かがこれを見て、してみたい人が続きをすればいいと、そう思う。
見た人は、続きからできるから、私より時間がかからず、確立できるだろうと思う。
人生なんの事も同じと、稽古をしていて気付くことがたくさんある。

娘の髪を切りに、いつも行っているヘアーギャラリー柳本に行って、マスターと立ち話をした。
ビジ髪という本を出されて、あちこちで講演会をされている。
二月にも札幌で開かれるので、私も行かせて頂く(^^)
新さっぽろでFMをしていた時の仲間で、いつもバイタリティーがあり、素直で実直な方である。

もうFM仲間ではなくなってしまって寂しいけれど、お店にいくと、変わらず暖かく迎えてくれる。

人と人の繋がりとは面白いし、有り難いな‥とそう思う。
[PR]
by harufds | 2008-01-20 23:54 | スクールにて

今月はプリザ

e0062357_10102050.jpg

お教室では今月みんなで伝統的なクラシカルペデスタイル(台座)デザインのプリザーブドフラワーを制作中。
今の時期、一年で生花の出荷量も少なく、1番高い時期なので、プリザーブドと材料費が変わらないので、思いきって、難しいデザインやフラワーカラーチャートを使用してのお勉強にみんなでチャレンジ!

台座から作るし、クラシカルな複合アレンジだし、カラーも入るため、みんな右往左往しながらも、熱心にメモをとっていました。

今週はワイヤリングとベースワーク、台座をつくりました。
真剣ながらも、なぜかゲラゲラと笑いながら作るみんな(笑)

何年も通っている先輩が初めての方をみるに見かねてワイヤーをしてあげたり、フラワーカラーの質問には、さすがの答えだったり、改めて一度した経験はどこかに残るんだなあ、と実感した。
その先輩生徒さんは、仕事が不規則で来れる時に来ている感じだけれど、
もう細く長く、なんとなーく資格をとりつつ通っていて、もう七年位になるだろうか。

最近七、八年前からゆるゆると通って下さっている生徒さんが、なんとなーく花を特技に何か外部から仕事を依頼されたりしているのをみるにつけ、
みんな成長したんだな~と思う。

年齢問わず、いろんな成長段階の生徒さんを見ていて、続けるだけですごいことなんだなあ~と。

「先生はどうして30年も続いたんですか」と昨日大通教室で質問された。
「んー、行くの面倒だなーやだなー(未だにたまにある)と思った時がいっぱいあったけど、先生待ってるし、休んだらわるいなーと思って(笑)」
「そんな理由で続いたんですか!?」
「うん。。(え?ホントのこと言っちゃいけなかったかな‥苦労話すればよかったのか‥)
あ、あとね~何にも考えてなかったの♪」
「え??」
「(あれ、更にまずかったか。またホントのことを言ってしまったー(>_<))なんにも考えないで毎週通ってるうちに生活に密着して、それが普通に習慣になっちゃったの。」
「そうなんですか~」
「うん。そうなの(^^)」

もしかするとまたテキトーな人に思われてしまったかもしれないが、意味の解る人は解るだろうからまあいいや(笑)

そのあと、人に会い、こんな話をした。

今日、材料に飾り紐を準備して買った際、何メーターかおうかな、と思ったら、八メーターと浮かんだ。
でもいやいや、余っても困るから、ちゃんと計算しようと思い計算したら、七メーターだったので、そう買った。後で、二人失敗して頼まれていた事に気付き、結局は八メーターだった。勘てすごいな、と思った。
と言ったら、その方は

それは直感じゃない。
長年の経験による推測だ。長年の経験で、全て頭に入ってるから、計算をはしょっても、計算結果が瞬時に出るんだよ。
なんの業界でも同じ。
でも経験のない人からみると、それは思いつきや直感に見えるだろうけどね。

経験による瞬間計算だよ。みんな経験豊かな人は大なり小なりそうだよ。
生まれつきの機転の個人差もあるとは思うけど。

目から鱗だった。
だから仕入れがぴったりだったり、仕事で何の気無しに出がけにひょいと持って出た、不必要そうなものが結構役だったりするのか‥と思った。

人間の経験の記憶ってすごいな~、と改めてそう思った。
[PR]
by harufds | 2008-01-12 10:10 | スクールにて

はりあい

今日はアレンジメントの資格取得受験に合格した方に
ひとりひとり合格証をお渡しした。

私も花の資格を持っている。
若いころは先生にとりなさいと言われて
そういうもんなのかな・・と何の気なしに取っていた。

25で室蘭で初めて教室を開いた。
知り合いも友達もだれもいない土地だった。
先生に「自分で教室やりなさい」と言われたからだった。

その頃の私はたいそうなレベルの資格取得ではなかったけれど、
知らないとは恐ろしいもので、
門標(看板のこと)をぼろアパートのドア横に出して、
自分でビラを作って一軒一軒毎日まいて歩いた。

3~4人毎週来てくださるようになった。
お花屋さんも電話帳でさがした。
少ないのに遠くから配達してくれた。

子供ができ、入退院を繰り返したため、
いったん閉鎖した。
花はしたかったが
「花は年をとってもできる。子供が小学校にあがるまで、
この子に自分の時間のすべてを使おう。
この子は今しかない。」
と思った。
下の子もうまれたので、
6年間それまでお金も時間も労力も
すべてを費やしてきた、生きがいだった花の現場から離れた。
たまに札幌の先生のところに遊びに行ったり、電話したり、
本などは見ていた。
子育てでそれどころではなく、
焦りや辞めようか、、と悩む私を
いつも先生は電話で励ましてくれた。
「待ってるから、焦るんじゃない。」

今こうして復帰でき、好きな花のお仕事もさせていただける環境にあり、
通ってくださっている生徒さんにはもちろん、先生にも本当に感謝している。
続けてこれてよかったな・・とつくづく思う。

生徒さんを見てきて思うのは、
資格は自分の自信につながるのだなあ・・と。
ものすごく腕がよく、実績もあるのに資格を取りたいといらっしゃる方もいる。
資格をとったあと、自分に自信が付き
キャリアUPや花屋さんに勤めだしたり、違う方面で道を開き、
就職したりする方もいる。
いろんな方をたくさん見てきたけれど、
ステップアップというひとつの自信、意識なんだなあ・・と感じる。

4月から、スクールでも一斉にアレンジメントの初級資格取得講座が始まる。
今お申込の方は
もうすでに幼稚園教諭や、ヘルパー、美容師などの資格を持ち、
プロとして働いている方たち。

皆さん同じことを言う。
「資格は女性の自立にとって、たいせつで、
時間とお金があって、取れるときにとっておきたい。
将来 いつ、何に、どう使う時があるかわからないから。」

先日私の先生はご夫婦でハワイに行った。
「あのね、ハワイはね~、花が安いのよ~、レイの作り方も見てきたんだけどね・・etc」

レイの結び目のアップや、花やさんの写真だった・・。
わざわざそれだけを持ってきたのではない。
仕上がったばかりの写真をみせていただけなのだ。

「先生~、花ばっかりじゃないですか・・。」
「だって、幼稚園でレイ作んなきゃいけないし、ほら、これみて。」
「・・・・・。」

さすがに私の先生だと思った(笑)
お花の先生は 70.80でも現役バリバリ。
集まりがあると、着物やドレスなど着て、背筋もシャキッとしている。
「この間ね、退院してきたのよ~~ほほほ」
などど80歳の方が笑って言う。
でも花に向かうととってもお元気だ。

花展などで長旅をするときも
「もうわたしね・・足が痛くて痛くて・・。」
「お荷物持ちますか。」
「あら、ありがとう<(_ _)>助かります。」
と普通の荷物には言っていても
いざ花展会場に向かうときは
「お荷物もちますか。」
「いえ、結構よ。大丈夫。ありがとう。」

それはそれは重い花器と抱えきれないほどの花。
自分より大事なものだから、
人になんてもってほしくないのだ。
ものすごい気力、体力。
素晴らしいと思う。
と同時に自分が年をとったとき
果たしてこうなれるかな・・。と思ったりする。

そんな尊敬する諸先輩を見るたびに
「まだまだだな・~~<(_ _)>」と思い、反省。

花からエネルギーをもらっているのか
生きがいがあるからか、
それははかりしれないが、
目の当たりにするたびに
次に向かおう、と励みになる。

みなさん、女性も男性も花で
若返りましょう(笑)

春の講座で今年はどんな方とお教室で出会うのかな・・(*^_^*)
e0062357_6115627.jpg

[PR]
by harufds | 2008-01-10 06:40

「いのちとの出会い」岡野眞規代氏講演会のお知らせ♪

 2008年3月1日(土曜日)
「いのちとの出会い~赤ちゃんは光そのもの~」スライド講演会を開催します☆
 講演 岡野眞規代氏(吉村医院「お産の家」元婦長) 

切り花の命も赤ちゃんの命もみんなみんな繋がって
今をいきています。
感動する命の根源のお話を聞きながら
ご一緒に楽しいひと時を過ごしませんか。
感謝と慈愛があなたのこころに響きます。

場所:かでる2.7 (中央区北2西7) 1050会議室(10階)
時間:17:30開場 18:00~20:00
チケット:前売り 1500円    当日 2000円
ご注意:前売りで定員になった場合は当日券はございません。お問い合わせの上ご来場下さい。

●チケット受渡し方法
各フラワー教室かでの受け渡し又は郵送となります。
「郵送」・・チケット申込期限2/23(土)料金を指定口座へお振込み→入金確認後チケットを発送。

 「受け渡し場所」・・時間と場所をお申し出下さい。ご協力よろしくお願いいたします。
○南郷教室  ○大通教室 ○郵便貯金へ振込
詳しくはお申し込みの際、ご連絡いたします。


~講演後、お食事をしながら岡野さんを囲んでの会です~おいしいです!

☆お食事会☆
場 所 :蝦夷懐石くずし「福久樓(フクロウ)」 中央区北3西7 道庁別館ビル1階
時 間 :20:30~22:30   
会 費 :3800円(飲み放題) 当日集めます。(定員:20名)
お申込み:参加ご希望の方は2月20日(水)までにお知らせください。
     こちらも定員になり次第終了とさせていただきます。

*小中学生は席の確保がございますので、お申し出ください。
*乳幼児の託児室はご意向をお知らせください。
 人数がおおければ、託児室を設ける予定でおりますが、少ない場合はごめんなさい。




○ご予約&お問い合わせ○
ご注意:メールの場合、お返事までにお時間がかかりますのでご了承ください。

メールまたは080-1893-3724(平日19時まで)
Haruフラワーデザインスタジオ 事務局 一戸
Haru花ボランティアの会 会員代表 森脇

主催 Haruフラワーデザインスタジオ
    Haru花ボランティアの会

みなさまお誘い合わせの上、ぜひお越しくださいね。
おまちしています!
[PR]
by harufds | 2008-01-06 11:53 | 花育のこと

2008 初作品!

ジャ~~ン!
e0062357_7235050.jpg


北海道産豆4種
ある方が飼っている羊から刈り取った原毛
を使用した

通称「天使の輪」リース
・・ネーミングはその場にいた人が頭にかぶって自分勝手につけていた。。。
で、その方の元へ☆

羊の原毛は、刈り取ったばかりなので、
油感があって、何とも言えない素朴さ。
豆はまるで石の宝石のような感じだった。
どこを上にしても下にしてもバランスがいいように立体、配色した。

久しぶりに何にも囚われず、即興で作った。
「や~、久々にふつーの作品つくったなあ~~~」
「この組み合わせ自体ふつーじゃないよ(笑)」

ただ、作りたい気持になって、
依頼でもなく、仕事でもなく
イメージでもなく
なんにも考えないで赴くままつくった。

「なんかいい作品」と思った。

多分この作品は10年は大丈夫。
「豆に虫つかなきゃ大丈夫だけどね~」と
資材提供者は言っていた。

したいことをしたい時にしたいようにする自由を楽しんだ。
忘れていた感覚を取り戻した気がする。

「今年も、花なのかなあ~、それしかできないしなあ~でもまだまだ勉強しないとなあ・・
ね、わんぽ」(そこにいた犬に話してる)
「なおちゃん、それ以外なにあんの?」
「? そうだよね~・・」

やっぱり今年も  なんだ。(豆と毛だから、たぶん自分の中では普通でも、
周りからみるとふつーじゃない花なんだな・・)
[PR]
by harufds | 2008-01-03 07:45 | 作品たち

平成20年☆明けましておめでとうございます☆

あけましておめでとうございます。
e0062357_1205850.jpg


今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の迎春は
しらが松 根引き
紅梅
南天実
蘭3種

です。
e0062357_1232362.jpg


私のは蘭1種でいけました。

朝日の出とともに神社へ。
清々しい元旦です。

平成になってはや20年なんて信じられません・・。
昨日の紅白を見ていて、
「ルビーの指輪」が26年前だなんて、驚きです!

まだまだ20代のような「気」がするのは
気のせい以外の何物でもありませんが、

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いします♪
[PR]
by harufds | 2008-01-01 12:13