ブログトップ

「Love Is Flower」 花は愛 

harufds.exblog.jp

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

どんぐり琴似店

e0062357_20271417.jpg

パン屋さんにカボチャだけゴロゴロンと置いてあったものを、ビフォーアフターしました。来週にはちゃんとしたディスプレイをします。ダイエー琴似店に入っていますので、お近くの方はのぞいてみてね!
[PR]
by harufds | 2006-09-30 20:27 | 作品たち

☆JcomとNHKに登場します☆

10月5日(木) NHK総合 昼11:05~12:00 の「ほっからんど」
「元気印の女性たち」
コーナーに20分間程度、生出演致します。
Haruの活動など、お話いたします。

Jcom無料放送 2チャンネル(ケーブルテレビでご覧いただけます。札幌のみ)
「リビングスタイル」という番組内で、「お花で暮らしの提案」を2分間ほど致します。
こちらは毎日10月いっぱい放送されます。

月、金 21:30~22:00
火、水、木 20:00~20:30
土、日 12:30~13:00

どちらも初めての経験で、どうなっているのかはわかりませんが、
出来る限り、ご覧頂いた方がすぐに暮らしに取り入れられるような番組になっておりますので、
お時間のある方は是非ご覧下さい。

私自身は、写りが良くありませんので、美しい花のほうを見てください(笑)
[PR]
by harufds | 2006-09-28 22:21

東京その3

e0062357_19365743.jpg

今日はドイツの大会でのトレンド研修。理論とブーケを製作。羽を使ったブーケ。素材を組んでいくように作る。
先生達とも情報交換。
大好きな世界的フラワーデザイナー、松村先生の所へ勉強しに行くか、札幌へお招き出来ることに。
今すぐではないが、行きたい!呼びたい!
今の生徒さんみんながそだったら、そうしようと思う。
したいことがいっぱい☆
まずは来年のロイヤルホテルでの花展をみんなで出来たら素敵。

友人宅に寄り、パンフレットの相談。22階から東京の夜景が見える。
そして帰路。

北海道で、私は何からしようかとワクワクしている。
[PR]
by harufds | 2006-09-24 19:36 | スクールにて

東京その2

朝からフラワーデコレーター協会主宰者会議と研修一日目。
東日本の代表の皆でグループに別れ、意見交換とディスカッション。
グループ代表で発表した。互いに今後活動する上で、協会と主宰者の要望、意見など。
今後、うちの教室に於いて、新たなコースが増設されることになる。

・フラワーカラー検定コースとプリザーブドフラワーの資格コース。の二つ。

また、理事の花療法研究家 片桐義子先生による講義、そして会長のヨシタミチコ先生のフラワーカラー講義。

いろいろ実際に聞き、刺激を受け、明日に繋がった。
片桐先生とも、ヨシタ先生とも個人的にもお話させていただき、質問にたくさん答えて頂いた。なるほどと思う事も多く、札幌へ様々な情報を持ち帰り、早速研修会を開こうと考えている。
片桐先生が「森さん、北海道に呼んで頂戴。もう本当にお金じゃなくて楽しい仕事をしたいの。」と私に言って下さった。
それはいつか出来たらみんな喜ぶだろうなー、と思う私の夢でもあった。実現するんだなあ‥と感慨深い出来事だった。
来年実現出来るかなあ。
花療法日本第一人者の先生のお話は思いやりに溢れ、聞いた人全てみな、癒されるだろう。
東洋医学も勉強しなくては。また勉強が増えた…。

懇親会の席では、私の活動を事務局長から紹介された。
初めて研修に来たのは三年前。右も左もわからず、ただ生徒さんが試験に困らないよう、自分の未熟さを認め、恥をかきに行こう!と東京へ来た。
今も未熟さは変わらないが、確かに言えることは経験値が増えている。

一日目の研修後、カラー試験免除校の認定を受けた。これで、資格勉強を目指すみんなが楽に受験できる。ホッとする。
北海道から行くと、皆さん驚く。でも行くのが私の先生としてみんなを支える責任と思っている。…が、やはり高い出費だー。帰ったら働こう(笑)

そして研修会を開こう☆
いいお土産がたくさんある。みんな喜んでくれるかな(^^)
明日は実技研修。
ちょっと不安だなあ…。

写真は会長と私。
[PR]
by harufds | 2006-09-24 02:09 | スクールにて

東京その①

e0062357_227174.jpg

今日から東京。
飛行機で雲の上にいながら、機内音楽で、大好きな、ダンタイソンの英雄ポロネーズがかかっていた。(これはダンタイソンのでなければいけない!)
神田に宿泊。神田の街は古くからの風情が残っていて、京都に少し似ている。
着いたそのあしで、上野へ。手打ち蕎麦を食べ(なぜかあんこのおだんご付き)美術館へ。ロダンの彫刻や、近代美術の絵画を見た。
やっぱり、ゴッホもモネも素敵だ。
ここには大木が昔のまま残っている。
不忍池にはみたこともない大きな蓮の群生。実が撓わに。
老舗の店も多い。で、靴擦れをしてしまい、アメ横で、靴を購入。異常な安さ。ついでにピンクのお姫様のようなパジャマ購入。かわいい☆しかも安い!ロマンチックな夢が見られそう(@_@)

で友人から連絡が。
友人と銀座でイタリアンな食事。友人の仕事仲間と一緒にいろんな話。この友人は仕事に於いて私の支えであり、方向を示してくれるプロデューサーでもあり、頼りがいのある貴重な人。久々に短大時代の話に花が咲く。
築地の鯛のカマについていたしあわせになる骨を飾りにシェフが加工してくれて、お土産に頂いた。なんと心憎いサービス!

ぶらぶらと歌舞伎座(壊してビルになってしまうらしい。勿体ない話だ。)や四丁目、三越や三井系の古い建物を通り、日本橋を渡り、ホテルへ。
今まで何度か来ていたけれど、やっぱり東京は奥が深いと再認識。
東京が好きになった。
[PR]
by harufds | 2006-09-23 02:27 | スクールにて

Jcomの撮影

e0062357_493957.jpg
10月からJcom無料放送2チャンネル(札幌、旭川)に毎日登場することに。

撮影はなかなか難しかったです。
言葉ではなんともいえないので、
写真で・・・。

時間と日程が決まったらまたお知らせしますね☆
e0062357_410582.jpg
e0062357_411388.jpg

[PR]
by harufds | 2006-09-19 04:11

悲惨なできごと

疲れすぎのせいか、

赤で突っ込み、急ブレーキ。

後、携帯が花入れの水に水没。
データ全滅。

さらに、車のキーをつけたままロック。

お財布も忘れる・・。

もうだめだと思う。

こんなときはどうしたらいいの・・・(ToT)/
[PR]
by harufds | 2006-09-17 04:57

児童会館へ

伝統文化いけばなを小学生に伝える、サークルのお手伝いへ。
お月見をテーマにそれぞれかわいい作品が出来上がっていた。
基本は挨拶、みずきり、片付け、デッサン。
今、大人でも出来ないことを子供達は教えるとそのように素直にしている。
いくつになっても、
素直であるということが
成長の秘訣なのだと感じた。
私は、この子供達のように素直だろうか‥。
[PR]
by harufds | 2006-09-10 02:48

「きっかけはささいなこと」


花の仕事を通じて何かを成し遂げたあと、いつも感じることは
「続けていてよかった」。
子供の頃からいろんな習い事をして、これだけはなぜか細く長く続いた「花」。
教室に通うのが当たり前のことになっていって、
日常に溶け込んで、今では、仕事になっている。
そして私自身にさえなっている。「ふしぎだなあ・・」と思う。


中学に入ってまもなく、誰も友達がいなかった頃、
出席番号の前の女の子が「一緒に華道部にはいらない?」と言われ、
まあいいか、と何の興味もないのに入ったのがきっかけ。
その彼女は今はもう亡き人になっている。
今生きていたら、きっと探してお礼を言うと思う。
「私をあのとき誘ってくれてありがとう」


教室は休まず通った。
病気のときも点滴して行った。
遊びに誘われても、その日はひとり黙々と花をいけ続けていた。
未だそうである。
どうしてかというと、先生がいつも私を待っていてくれるから。

結婚してまもなく25歳で教室を開き、初めて先生になった。
生徒さんに教えていただくことのほうがずっと多かった。
(未だにそうなので、「先生らしくない先生」とよくみんなに言われます。)
子供が小さい頃は子育てをしよう!ときめて、教室は一度閉鎖。
勉強だけはなんとなくしていたけれど、2人の子供と夢中ですごした。
そして、下の子が幼稚園に入った頃、
お友達でお花が好きなお母さんと3人で、「お花でもしようか~」と自宅で初めて、
それがなぜか今では8つの教室になっている。

実家が看板屋さんなので、色、素材、レタリングやデザインの本、
そんな中に囲まれて暮らしていた。
よく工場へ行って、父の真似をして書いたり作ったりもした。
いろんな看板の色合いや、デザイン、展示会の様子など、今でもうっすらと覚えている。

これらが今の私の作風ベースになっていることは多分間違いない。
マニアック(よく言えば個性的!)な作品が多い。
フシギなものですが、今ではこの環境で育ったことを感謝している。


振り返って思うと、私は何かを作るのが好きで、絵を描くことが好きで、美しいものが好きだった。
それがたまたま「花」という世界に合致したのだと思う。
そして人とのかかわり中でどんどんどんどん膨らんで、
大きく輪のように広がっていっただけなのだ。

きっかけなんてほんの些細なこと。
誰でもが可能性を秘めている。
その自分の中の素敵なキラキラした可能性は、夢になってそして実現していく。
私は教室の生徒さんにいつも言う。
「夢はかなえましょう♪そうなるから、大丈夫!」
その瞬間みんな目が輝きだすのを見て、私は寄り添って、出来る限りの応援をしているだけ。
あとは自然とそれぞれが自分の力でそうなっていく。
その姿を見て私も、「がんばらなくっちゃ!」と思う。

だから昔も今もこれからもずっと、人との出会いや、あたたかい心のふれあいのなかで、様々な経験をしながら、何歳になっても育っていくんだなあ・・と感じている。
と同時に、「まだまだだなあ~」と痛感。果てしないのだ。


自分の好きなことをライフワークにしたいという人はたくさんいると思う。
天職と適職は違うという説もあるが、ごちゃ混ぜでなんでもありでいいと思う。
私が実際そうである。
目の前のしたいこと、興味のあること、好きなことを淡々と黙々としていたらこうなった。
先のことはさておき、やってくるすべての事を「一日30時間あればいいのに」と思いながらし続けていただけ。
そしてふと立ち止まると、何年も経っていた・・。


きっとあなたが、今感じて思っていることも、人との関わりや出会いのなかで変化し続けていく。自分が信じることを、自分なりのペースで、ひとつひとつ大切に、淡々と積み重ねていくことが、明日へと繋がっていって、そしてその先に、素敵な未来が広がります。

e0062357_051132.jpg
「夢と可能性」はすべてのひとがもっている、果てしない素敵なものだから。
[PR]
by harufds | 2006-09-06 00:51

みんなでお泊り

e0062357_23141914.jpg

花ボランティアのメンバーと一緒に定山渓へ。
久しぶりにゆっくりと緑の山の中。
やっぱりいいな。
空気も気持ちいい(^^)
植物園にバナナが青々となっていた。
帰り、やぎやというお店で、山羊のチーズと自家製スモークのお肉、野菜たっぷりのオープンサンドを。そこも、トンネルを抜けた山の中。
かわいい山羊や犬や猫がいて、オーナーが釜でパンを焼いていた。
ケルト音楽が流れ、心地よい時。
リース用にイタドリを採った。干して、久しぶりにイタドリのリースを作ろう。
みんなにいろんな知らない素敵な場所へ連れて行って貰って、幸せな日‥♪
[PR]
by harufds | 2006-09-03 23:14