ブログトップ

「Love Is Flower」 花は愛 

harufds.exblog.jp

<   2006年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

涙を見せないとき

長い長い苦悩の果ての
思いの丈をすべて自分の中に飲み込み、
ただ、相手の幸せを願い
去るとき。

身を切られるような叫び声を心の中で聞きながらも
笑顔でいることを課し、何も言わず、
涙は見せない。
[PR]
by harufds | 2006-05-29 23:22

ここ何ヶ月間

女性であることを忘れていたので、
今年後半にかけて、少し思い出そうと思った(^_^;)

先日、ラジオの収録後、スタジオをでて携帯で電話をしていたら、
高校生の女の子たちが笑っていたので、
「まあ~。なんでも面白い年頃なのね~」と
立ち去ったら、走りよってきた。

「スカート、捲くれてますよ!!」
「え?」

おしりちゃんになっていた・・・。
「え~~戻して戻して!」といって、直してもらった。
「どうもありがとう~~~~(>_<)」 近頃の女子高校生は優しいね。

その後仕入れをして大通教室へ
「今日ね~おしりだして歩いちゃったの~笑」
「直子さん、この間もそうだったから、密かに直しておいたの気づかなかった??
おすましして商談してたよ~。」
「えっ?そうなの???」


もうダメかもしれないと思った・・・。

家に帰って家族に話した。
「ああ、きっとそういう癖があるんじゃないの?」
「え~~?これってくせ??」
こんなことが癖になったら大変。
そういえば、入社試験の面接でもスカートの後ろ全開だったっけ・・。(なぜか採用だったけど)

なんにつけ「自覚」は大切だ。

問屋さんの社長にも・・
「お花の先生はみんなの憧れにならなきゃ。夢を与える仕事だから。
お化粧していないのは具の骨頂」
「はい・・・(>_<)」
その日、力仕事中心のため、作業着&すっぴん・・。
花業界は表は綺麗ですが、裏は3K(死語?)。
やはりここでもスカートをまくりあげて仕事をしなければいけないのか!
つめなんていつもボロボロで水で手は荒れるし。

そして
「直子せんせい、なんか髪型変えました~?」
「ん~べつに・・・あ、今日忙しくてあらいっぱかも」
「え??そうなんですか~。なんかかわいいですよ~」
「そーお?」
「自然体でいいですね~」
「うーん・・・。」
いいのか?

理想と現実のバランスはむずかしい。
気持ちだけでも女性になってみよう。
オスカルのようになれるかもしれない(みんな知らないかも)
いつかアンドレがバラを持って迎えに来てくれるかも~~☆彡
どうしよう、やっぱり綺麗になって準備しなくちゃ~♪
(今日はよっぽど疲れてるんだな~と書いていて思った)
[PR]
by harufds | 2006-05-29 03:50

のり巻き

e0062357_1038795.jpg

たくさん作ってみた☆
[PR]
by harufds | 2006-05-27 10:38

本来の必要性

人、物質、ここにあるもの全て
本当に自分にとって本質が求めているものは何か。

私にとってそれは 心(気持ち)と感性。
人によっては愛とも感受性ともいうだろう。

だが、それもひとりひとり違う。それが当たり前なのだ。

選ぶこと。
私たちにはそれが許され、あたえられている。
勇気さえあれば、それは出来る。

そして選ばなかったとき、選ばれないときには
ありがとうと言える勇気がでる。
[PR]
by harufds | 2006-05-25 23:46

今、そこに在る生命(いのち)


e0062357_23395329.jpg



ボイスアート  吉村織絵
<無伴奏、ソロにて、歌声・声・音を興るままに自在に発し、天の氣、人の氣、地の氣と一体になっていきます>
インスタレーション  森 直子
<無の空間から、宇宙、天と地、物体の繋がりを感じ取り、次元変換し、立体化してアート表現をしていきます>

人が形あるものをつくること
それは 食べる、生活する、楽しむ、楽しませる、便利にする…
といった現代人としての生活を送る上での必要性で、意識的にされていることです。
自然は、動物も植物も石も風も光も、意識せずとも完璧な形をなし、機能を持ち、
完璧に役割を全うしています。

意識を持って生きる私達人間は、この世界に何故いのちを与えられ存在しているのでしょうか。
生きるために使っている表面の意識をOFFにして、
ただそこに在るものたちと ただそこに存在し、自然の声に従い、手を添え、形とし、
そこに存在する生命(いのち)と一体となる体験を 自分にプレゼントするその瞬間
心地よさ、歓びを深く感じることができます。

私達が、「ほんとうの自分」に還り、深い歓びと共に生きることで、この地球に生まれた意味、地球の生命(いのち)の一員であることを確かに思い出していくのです。

7月2日(日曜日) 18:00start
大きなかぶ農園
   夕張郡長沼町東11線南6号 道の駅マオイの丘 近く

入場無料(10時~ご一緒される方は昼食、お土産など¥1500)
※日没までの1時間ほどを予定しています。
※自然の中で行います。参加してくださる方もご自分の心地よいように自由にお過ごし下さい。
※敷物や羽織るものなどは適宜各自でお持ち下さい。

多少変更があるので、また近くなったらお知らせしますね☆
[PR]
by harufds | 2006-05-23 01:53

不思議な出会いと流れ

昨日急に決まったことなのですが、
歌手 吉村織絵さんとジョイントすることになりました。なにかとても気があって、感じるものがあり、お話しているうちにこういう運びとなりました。

彼女は岡崎から来てくれます!
彼女の提案で私に課せられたものは
何も用意せずにその場にあるものを使って作品を大地で制作する、こと。
織江さんは「いかに自分と向き合えるかを歌で」がテーマ。
私は「いかに自分が殻をやぶり、爆発できるか」がテーマ。
ものすごく楽しみです!

Haru特別企画 自然体験ツアーIN長沼 VOL1
長沼へ行って、いろんな自然を体感!
ヤギや羊やニワトリたち、美味しい有機野菜で野外でお食事。花畑見学、ジャズフェスティバルも。 地元の人とも交流☆楽しい一日をみんなで過ごそう!

<スペシャルイベント>
吉村織絵&森直子 うたと自然の即興競演

7月2日(日)10:00~6:00 時間は自由 現地集合(車のない方はお申し出下さい)現地解散 会費 大人¥1500 子供(小学生以下)¥500  30名様限定お土産野菜付
お申し込みお問い合わせ:メール

心から気が合い、気兼ねもなく、押すでも引くでもなく、
駆け引きなど全くなく、裏もなく、自然と自ずとお互い寄り添い合える人がいるということは
自分の行くべき進む方向性がはっきりし、「自尊心と勇気」を生むということ。
周りの方と次々に起こる不思議なであいがうれしいし、ありがとうって思う。

何年か前から「哺乳類らしく生きよう」と思っていたが、
吉村正先生とお話していて、「それでどこが悪い、あたりまえだ。動物園じゃなく、自然の動物で生きていいんだ。自然こそ真実だ。」と言われ、
それを実践して生きている人物を目の当たりにして自己確信。
私はこれでいいんだと誇りをもって生きていこうと思う。

3年前、乳がんの診断(誤診だった・・。)をされたときからそうおもっていた。
今死んでも悔いがないように生きようと
それからは毎日そうしている。
だから、今もそうしている・・。
[PR]
by harufds | 2006-05-22 00:44

花サークルかりん

e0062357_955677.jpg

今月はチョコレートケーキ☆
厚別23火曜日
白石24水曜日
大通26金曜日 です(^^)一回だけの体験していますので、作ってみたいかた、お待ちしています。

美味しそうでしょ♪
[PR]
by harufds | 2006-05-20 09:05 | 作品たち

シマガマ

e0062357_17422780.jpg

[PR]
by harufds | 2006-05-18 17:42 | 作品たち

テッセン

e0062357_17414350.jpg

[PR]
by harufds | 2006-05-18 17:41 | 作品たち

果たす

そのときのための複線があり、その時がくる。
底からくる深い喜び。
全ての快楽にも勝るその心地よさはじわじわと押し寄せ、
変革、変容、新たなる指針。

ただ流れるまま進む。
そこに残るものは何もなく、
外界がどうであろうと
淡々としていつもと同じ空気が流れている。
[PR]
by harufds | 2006-05-18 02:28